「いのち」を耕すコトバを見つけに

読書系ブログです。「いのち」を耕し、豊かにしてくれるコトバを見つけに、本の森へと分け入っていきたいと思っています。

タイトルさえ考えられれば、記事は書ける

f:id:plus_alpha00:20180521080324j:plain

 

おはようございます。

「初めの一行を書くのと残り全体を書くのとは、同じ労力だ」的なことを述べた小説家がいたかと思うのですが、ググり方が悪いのか誰の言葉かまではわかりませんでした。で、私はそれに同意しています。

何となく書いてみたいことがもやもやとある。それに「形」を与えてくれるのは、私の場合は「タイトル」です。それにふさわしいタイトルさえ思いつけば、1000字から1500字程度の文章なら書けるように思います。それを冗談めかして「(ブログのネタやタイトルが)降りてくる」と私は言っているのですが。

書く時は、だいたい直打ちしています。タイプしながら考えている。タイプが進むにつれて、考えが進み、まとまってくる。概ねそのようにしてブログの文が成立します。私の場合ですと、先に書いた100字から1500字程度を一つの記事として考えています。

しかし、そうもいかないことがあります。2000字を越えるようになりそうだとなると、「小見出し」を予め立てておき、それに本文を充当させるという方法を取ることになります。むしろ小見出しを適切に思いつくと、2000字(=原稿用紙5枚)以上が書けるようになります。それがうまくいくと4000字(=原稿用紙10枚)が書けることがありました。これはなかなかできることではありません。今書いているブログでは、まだ4000字に達したものはありません。その辺りのことは、齋藤孝さんが書かれた以下の本が参考になると思います。

 

原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)

原稿用紙10枚を書く力 (だいわ文庫)

 

 

私も、いずれこのブログ内で原稿用紙10枚を越える内容(と同時に、密度も保った)の文章が書ければいいかと思うのですが、いざプレビューしてみると、1000文字程度でも意外に長く感じます。私はそうそう空行を入れるべきではないと考えているので、文面が「黒い」、つまり文字がギュウギュウに詰まった画面のようになってしまうのです。ですので、普段は1000字から1500字程度が適当だと考えているのです。

こうして、もやもやした状態に適切なタイトルや小見出しを思いつく、考え出すことがポイントになってきます。あとはだいたい直打ちをしますが、自然と1000字から1500字程度で、ある程度は内容がまとまります。ブログの入力画面には、文字数が表示されているので、1000字程度で切り上げようと思うからかもしれません。

入力が終わっても、すぐには公開しません。最低でも30分は頭をクールダウンさせ、全体を見直し、破たんがないかを確認してから公開するようにしています。

というところで、1100字を超えました。今回は、ブログの記事を書くのにあたっては、タイトルや小見出しが適切に考えつくことが、記事の成立の可否を決定している、ということを書いてみました。

 

==========

 

今回は以上です。最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

茶箪笥

 

 

 

 

広告を非表示にする